モバイルルーター制限なしおすすめ

モバイルルーター制限比較

モバイルルーター制限なしおすすめ

1ヤフーwifi 502HWプラン
無制限のモバイルルーターならこれしかない
502HWプランならアドバンスモードに設定しAXGPエリア内の通信する
3年契約で制限解除は毎回申請が必用だが無制限で使える!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最新キャンペーン情報

・おすすめ1位⇒UQ WiMAX キャンペーン情報 1万円商品券
・おすすめ2位⇒お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】 キャッシュバック27,000円
・おすすめ3位⇒BroadWiMAX今なら端末代金0円 初期費用18,857円全額割引
・おすすめ4位⇒BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン キャッシュバック23,000円

So-net モバイル WiMAX 2+

人気No1

ギガ放題プランでハイスピードモードをご利用の場合、月間データ量による速度制限はありませんが、混雑回避のための速度制限(3日間で3GB以上利用時)があります。また、ハイスピードプラスエリアモードご利用時や日々のご利用状況等により速度が制限される場合があります。

So-net モバイルは、ソニーの子会社ソネットが提供しているスマホ用格安SIMサービスです。
第4世代(4G)通信の「LTE」とスマホのセットで、2,000円程度から提供しています。

■最安プランは1,980円から、格安でもLTE高速通信が利用可能
2016年3月時点で一番料金の安いZTE Blade V6とのセットプランだと、1,980円(端末代込み)。20円/30秒の音声通話と、下り150Mbps/上り50MbpsのLTE高速通信が利用できて、さらにスマホの端末も手に入って2,000円以下からなんて、キャリアの通信プランと比べたら驚くほど安いですよね。ただ、かけ放題プランではないので、通話が多いという方は、LINEなど通話アプリを利用した方がいいかもしれません。
ZTE Blade V6とのセットプランだと、月間通信総量は2GB(チャージサービス有)、日次通信総量は240MB/3日となっています。
ZTE Blade V6は2015年12月に発売された端末で、背面カメラは1,300万画素、前面カメラは500万画素と、他の5.0インチサイズのスマホセットの端末と比べても大きく見劣りがするわけではありません。

■最高額の4,980円プランなら月間通信総量は無制限!動画やゲームも楽しめる
一番高額プランとなるのが、ASUS ZenFone”! 2とのセットプランで、月額料金は4,980円(端末代込み)です。プラン申し込み後、最初の月は無料になるのがうれしいですね。
ASUS ZenFone2とのプランだと、最大通信速度は下り225Mbps/上り50Mbpsで、月間通信総量は無制限、日次通信総量は360MBまで増えます。
下り最大225Mbps/上り最大50Mbpsの高速LTEデータ通信を月間総量無制限で利用できるので、動画やゲームなどを楽しみたいというユーザーのニーズにばっちり応えることができ、ヘビーユーザーを中心に支持が広がっています。
日次のデータ通信量が360MBに達した場合は通信速度が制限されますが、その日の23時59分で解除されるので、翌日からはまた快適に利用できます。ただ、音声通話は20円/30秒なので、通話が多い人は通話アプリの利用をおすすめします。
ASUS ZenFone2は、5.5インチのフルHDディスプレイを搭載。4GBのメモリとハイスペックなCPUを搭載しており、複数のアプリを起動しても動作が遅くなってイライラさせられることがありません。片手操作に最適化されたインターフェイスや急速バッテリー充電といったハイスペックな要素もあわせ持つので、格安スマホとしては十分だといえます。

■SNSやウェブサーフィンはそこそこの利用という方にぴったりの2,480円プラン
「ちょうどいい」プランとしてSo-net モバイルの中で人気なのが、2,480円(端末代込み)のプランです。月間通信総量は3GB(チャージサービス有)で、日次通信総量は360MB/3日です。月間通信総量制限を超過すると、翌月まで通信が低速化します。
ただ、機能に制限はないので、メールや通話の利用が多い、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアやウェブサーフィン、動画視聴などが最低限使えればいいという方におすすめです。
セット端末となるP8liteは、標準的な5型サイズの画面に1.2GHzの8コアCPUと2GBのメモリーを搭載したスマートフォンで、マルチタスクに強く、好みのアプリを追加しても動作が重くなりにくいのが魅力。格安SIMのスマホプランに多い採用されている機種です。

ここまで、So-net モバイルのスマホプランを紹介しました。ただ、プランは頻繁に変更されるので、最新情報はSo-net モバイルの公式サイトで確認ください。また、どのプランも最低利用期間は1年となっています。

■家でも外でも高速WiFi!でも通信費は節約したい!そんな方におすすめのWiFiルータセット
家でも外でも高速WiFiを利用したいという人におすすめなのが、LTEとWiFiルータのセットプランです。モバイルデータ通信サービスにすれば、自宅でも屋外でもWiFi環境につなぐことができ、キャリアの高い通信パックに加入する必要がなくなります。
人口カバー率100%のNTTドコモの通信網を利用しているので、日本全国どこでも高速通信が可能なのが強みです。タブレット、スマホ、PCなど最大10台まで同時接続が可能なので、自宅に光回線などの固定インターネット回線がないという方や、外出先でも仕事をしたいというニーズなどに応えます。接続端末の台数にもよりますが、約6時間連続通信が可能です。
月額利用料金は初回3,193円、2~12ヶ月目3,027円、13ヶ月目~3,619円で、最低利用期間は2年間です。So‐netの会員になっていれば、月額利用料が割り引きできます。
月額150円でSIMを2枚まで追加できるので、ルーター以外の機器にもSIMを挿して利用できます。外出先に持ち運ぶものと家で家族が使うものというふうに使い分けができるので便利ですね。
最大通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsで、月間通信総量(2016年7月以降)は5GB、日次通信総量は500MB/3日です。

■スマホつきのプランが充実!スマホデビューを応援するSo-net モバイル
以上、So-net モバイルのさまざまなプランについてご紹介しました。
スマホつきのプランが充実しているので、今までスマホをもっていないけどスマホデビューしたい、すぐに端末を使い始めたい、その一方で大手キャリアと契約するよりも通信費や端末代は抑えたいという方にぴったりといえます。

WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

GMOのとくとくBB

人気No2「ギガ放題」をご契約の場合、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。また、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限します。エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

GMOインターネットが提供するGMOのとくとくBBは、NTT東日本および西日本のフレッツ光、フレッツADSLまたイー・アクセス社のイー・アクセスADSLを利用した常時接続サービスのほか、イー・モバイル、UQ WIMAXのMVNOサービスも提供しています。

■メールアドレス、ホームページが15個まで取得できる!小規模ビジネスにピッタリ
GMOのとくとくBBの特徴のひとつが、メールアドレスを15個まで取得できること。
入会後、まず基本メールアドレスがひとつ利用できるようになります。その後、必要であればプラス14個までメアドが取得できます。家族で別々のメアドがほしいという場合や、SOHOや小規模な事務所でメールアドレスを分けたいという場合に便利ですね。
ホームページは、メールアドレス1つにつき1個作成できるので、最大15個作成できます。SEO対策でサテライトサイトを作成する必要がある場合などによいかもしれません。

■ドコモユーザー必見!ケータイとセットで割り引きになるドコモ光
GMOのとくとくBBで人気のインターネット接続サービスは、「GMOとくとくBBのドコモ光」プラン。ドコモの「v6プラス」(IPv6アドレスとIPv4アドレスの両方が使える「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式」)を採用し、動画の閲覧もサクサク。
気になる料金は戸建てタイプが5,200円、集合住宅が4,000円。ドコモユーザーなら、家のネットとケータイが最大3,200円引きになります。

■学生さん必見!とくとくBBの学割プランなら月額なんと924円から
学生さんの一人暮らしで、自宅にインターネット回線がほしいという場合に、心強い味方になってくれるのが、GMOのとくとくBBの学割プランです。
18歳以上の学生の方で、NTTの固定回線があれば月額なんと924円でネットが使えます。スマホがあれば自宅でネットはいらない、と思うかもしれませんが、就職活動やインターンシップ、卒論の作成時期になると、パソコンを使っていろいろネットで調べたり、作業することが増えてきますので、どうしても自宅にネット回線がほしくなるはずです。
とくとくBBの学割プランなら、卒業しても2年以内ならお得な料金でインターネットが引き続き利用できるので、就活や卒論に時期に合わせて入会したり、他社から乗り換えたりしても損ではないでしょう。

■最大なんと3万6,000円!圧倒的なキャッシュバックで他社を圧倒するGMOとくとくBB WiMAX 2+プラン
GMOのとくとくBBでもっとも有名なのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+プランでしょう。料金プランは月間のデータ通信量上限なしの「ギガ放題プラン」と、月間データ通信量7GBまでの「通常プラン」の2つが提供されています。
GMOとくとくBB WiMAX 2+プランでは、WiMAX2+サービスに申し込み、WIMAX対応機器を購入するとWifiモバイルルーターの機器代金が0円に。WiMAX機器は、通常価格が20,000円(クレードルセットの場合は22,750円)なので、圧倒的におトクですよね。
しかも、なんとキャンペーン特典はこれだけではありません。さらに最大3万6,000円のキャッシュバック、端末受取月の翌月から24ヶ月間料金が632円割引になっちゃいます。(2016年3月時点)月額料金も割引される特典がつくのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+プランの大きな魅力です。
このように、他のプロバイダと比べると、圧倒的なキャッシュバック金額が設定されているのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+プランの特徴なんです。
なお、3万6,000円のキャッシュバックが受けられるのは、キャンペーン期間内に「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」に申し込み、「ギガ放題プラン」か「通常プラン」のどちらかを契約し、GMOとくとくBBに新規入会した人が対象となります。

■ライフスタイルに合わせて選べる!「ギガ放題プラン」と「通常プラン」
GMOとくとくBBのWiMAX 2+接続プランは、月間のデータ通信量上限なしの「ギガ放題プラン」と、月間データ通信量7GBまでの「通常プラン」、2つの料金プランがあることは既に述べましたが、実はこのプランを月によって選ぶことも可能なんです。もし出張や旅行で長期不在にすることがわかっている月は、ギガ放題プランから通常プランに切り替えたり、もしネットをたくさん使いたい月があれば、通常プランからギガ放題プランに切り替えたり……と、ライフスタイルに合わせてプランを変更できます。
通常プランは1~24ヶ月目まで3,897円。ギガ放題プランのほうは、1~2ヶ月目はお試し期間として月額3,897円で利用できます。お試し期間後は、4,694円となります。

■GMOのとくとくBBは、使えば使うほどポイントが貯まる!ネット通販でも利用可能
GMOのとくとくBBは、使えば使うほどポイントが貯まり、お支払いのたびに100ポイントたまります。GMOのとくとくBB決済サービス「BBウォレット」に1ポイント1円で移し替えされるので、実質値引きされているのと同じことです。ポイントは、利用代金の支払いだけでなく、約2万店ものインターネットショッピングサイトで利用できます。
ここまで、GMOインターネットが提供するGMOのとくとくBBについてご紹介しました。通信費を抑えたいという方にぴったりのプロバイダです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

U-mobile

人気No3

低速ですが完全制限なしのユーモバイル。動画を見るにも支障がないぐらいの速度です。

U-mobile: ユーモバイル

モバイルルーター制限ありおすすめ

制限なしといいつつ制限があるがおすすめできるモバイルルータは

1【Yahoo! WiFi】業界最安の月額2,743円!(税抜)
当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで最大通信速度が送受信時128kbpsに制限されます。また当月ご利用のデータ通信量が6GB超過後に端末本体にSMSにて、通信速度制限予告が送信されます。制限を解除されたい場合は、2GB毎2,500円でお申込み頂けます。通信品質確保を目的とし、利用通信量が特に多いお客さまに対して、通信速度制御を行います。

2【UQmobile】速WiMAXなら家でも外でも使い放題
料金プランにかかわらず、混雑回避のための速度制限(3日で3GB以上利用時)があります。